健康的レシピに生姜は欠かせません

ご飯のお供に、生姜の佃煮のレシピ

白米のうえにのせて食べると美味しい物ってありますよね。梅干しだったり昆布だったり、ふりかけだったりと色々ありますが、自家製で作るのも中々楽しいですし安く済んだりします。今回は私の家で常に常備してある生姜の佃煮のレシピをご紹介します。ピリ辛風味なので、おつまみにもなりますよ。

作り方は、最初に生姜を水でしっかりと洗います。個数はいくつでも構いませんが、大きめの生姜を使うのであれば一つで十分かと思います。生姜をしっかり水洗いしたら、ピーラーなんかを使って表面の皮をうまく剥きます。生姜は表面がごつごつしていてなかなか皮が剥きづらいと思います。少々残っていても大丈夫ですが、気になる人は一度生姜を半分に切ってからピーラーを色々な方向から当てることによって割と綺麗に皮が剥けるでしょう。皮が剥けたら、5ミリ程度の薄切りにしフライパンに入れます。生姜を入れたフライパンにごま油を入れて炒めます。生姜がしんなりしてきたら、そこに刻んだ鷹の爪を入れ、醤油と砂糖、みりんと料理酒なんかを加えて味を調えていきます。炒めている間に徐々に水気がなくなるので、水気が全てなくなったら、最後にごまを全体にふりかけてやれば、生姜の佃煮の完成です。この佃煮は結構日持ちがしますので、タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存しておけば食べたいときにすぐに食べられて便利ですよ。ちなみに、白米のうえにのせるだけではなく、冷や奴やトーストのうえにのせて食べても美味しいです。

Copyright (C)2017健康的レシピに生姜は欠かせません.All rights reserved.